自分でやりたい人のオリジナルウエディング

理想的なオリジナルウエディングを楽しもう

ウエディング花嫁

結婚式とは本来2人が夫婦になることに誓いを立てる儀式であり、またゲストの全員に改めて挨拶を行う場でもあります。そのため儀式的な意味合いが強いのが一般的だったのですが、今日ではパーティー感覚で楽しむことができる結婚式を好む傾向が強まっています。そのためあまり堅苦しくない形式を理想とし、自分たちでオリジナルのウエディングを挙げたいという要望が増えています。

結婚式の形式には大きく分けて教会式、神前式、人前式の3種類があります。神様に対して誓いを立てなければならない教会式と神前式は儀式性が高いため、格式も高く厳かに執り行われるものです。それに対し人前式というのは神様ではなく列席しているゲストに証人になってもらい、皆の前で誓いを立てるという形式なので自由度が高い形式となっています。牧師さんなどを呼ぶ必要もないため費用を抑えることもできるため、予算があまりないというカップルや、急ぎで結婚式を挙げなければならないというカップル、またオリジナルのウエディングを実現させたいというカップルに非常に人気が高いのが特徴です。

人前式は大まかな流れさえ守れば、あとは自分たちの好きなようにカスタマイズすることが可能という魅力があります。

自分が主役 オリジナルウエディング

和婚

一生に一度の結婚式、ウエディングは、間違いなく自分が主役になれる大切な日です。であれば、自分らしさにこだわって誰の真似でもない、オリジナルなウエディングを作りたいものです。

結婚式場選びからおもてなしのお料理まで、二人が出会った場所やエピソードにちなんだものまで散りばめて世界に一つしか無い空間作りを楽しむのも良いでしょう。その選ぶ、という選択枠が広ければ広いほどオリジナリティーあふれるウエディングになりますがホテルや結婚式場の決まった場所の中でも、精一杯の自分たちらしさをアピールすることも出来ます。

大切なのはプランナーの方との打ち合わせ。プランナーの方との相性は、とても重要だと思います。二人がウェディングでやりたいこと、やってみたいことを明確に伝えて、一緒にアイデアをどんどん練り上げていく、その過程までを楽しめる方にぜひお願いしたいものです。

ウェディングで初めて、相手のパートナーとお会いする招待客もいるでしょう。結婚式は、二人で初めてのお披露目であり、それぞれの相手がこんな方ですと紹介する場でもあります。

昔なら友人の短いスピーチで終わってしまうところを、様々なパフォーマンスで会場を盛り上げてイベントにしてしまうことも自由です。

手作りのウエディングは、とても温かく、招待された方々の心に響くものになるでしょう。

花嫁